コミュニケーションロボットとふれあうことで、高齢者の自立度を改善

307ad4e35d13e11435dcc90e73285aaf_s

今日ご紹介するのは、コミュニケーションロボットとのふれあいが、高齢者の自立度の改善につながったことについてです。

 会話機能などを搭載したコミュニケーションロボットとのふれあいにより、高齢者の34%で生活上の自立度が改善したことが、国立研究開発法人「日本医療研究開発機構」の大規模実証実験でわかった。
 国は結果を受け、介護ロボットの重点分野の一つとして追加し、開発・普及を進めることを検討する。

出典元: ロボと会話で「自立度」改善、高齢者34%に成果…介護施設で実証実験 | yomiDr.

実証実験は昨年8月~今年3月の期間に行われており、介護施設98か所に市販ロボットの「ペッパー」「パルロ」など17種、約1000台を配置し、介護が必要な65歳以上の866人が参加していました。
自立度の判定はWHO(世界保健機関)の指標を用い、「トイレまで歩ける」「歯を磨く」など約60項目を、施設職員らがロボット導入の前後に5~8段階で評価によって行われました。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

出典元: ロボと会話で「自立度」改善、高齢者34%に成果…介護施設で実証実験 | yomiDr.

[PR]
西尾レントオールでは、Pepepr for Bizの0円レンタルキャンペーンを開始いたしました。詳しくはこちら
Pepepr for Biz
※当スポットレンタル事業は、ソフトバンクロボティクスのPepper for Bizを活用し、西尾レントオール株式会社が提供を行うサービスです。


西尾レントオールのロボットレンタルに関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。
サイトポリシー・掲載記事に関しては、こちらをご覧ください