ロボホンが輸入車をご紹介

スクリーンショット 2017-02-10 7.25.37

今日ご紹介するのはBalcomイオンモール広島府中ショールームで行なわれている、株式会社バルコムモータスのロボホンの活用事例です。

このショールームでは計5体のロボホンが活躍しており、2体は展示車内でタッチパネル付きモニターで写真を表示しながら車の商品説明を行い、2体は来店したお客様と触れ合い、1体はエントランスにてお客様をお出迎えしています。

実際に導入してみるとロボホンが車の説明をするという意外性によって、説明を聞いてくれることが多くなり、お客様と輸入車との距離を縮める一役を担っているそうです。

元々の狙いとして、大型商業施設内に輸入車ショールームが設置されているため、家族で訪れるお客様増え、敷居が高いと思われがちな気軽に輸入車に触れられるようにしたいという狙いがあったそうです。

およそ半数のお客様がロボホンによる商品説明を利用されるそうで、ロボホンが説明を始めると「おっ!」と驚きの声を上げる人も多いそうです。

今後は同社が展開する飲食店やコインパーキングなど様々な他業種に今回のノウハウを展開しくことを想定しているそうです。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

出典元:出典元:SHARP |RoBoHoN|株式会社バルコムモータース広島 様

[PR]
西尾レントオールでは、Pepepr for Bizの0円レンタルキャンペーンを開始いたしました。詳しくはこちら
Pepepr for Biz
※当スポットレンタル事業は、ソフトバンクロボティクスのPepper for Bizを活用し、西尾レントオール株式会社が提供を行うサービスです。


西尾レントオールのロボットレンタルに関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。
サイトポリシー・掲載記事に関しては、こちらをご覧ください