「PepperPay」Pepperがレジ係

pepperpay

今日ご紹介するのはTechCrunch Disrupt SFハッカソンで発表された「PepperPay」です。

同サービスは画像認識技術を使い、スマートフォンやタブレットで物体を認識させ、レジのチェックアウトを行うというものです。

a%c2%82%c2%b9a%c2%82%c2%afa%c2%83aa%c2%83%c2%bca%c2%83%c2%b3a%c2%82%c2%b7a%c2%83%c2%a7a%c2%83%c2%83a%c2%83%c2%88-2017-01-04-8-22-10

出典元:TechCrunch |トピックス|イベント

PepperPayを搭載したデバイスを持つロボットの前で商品をかざすと撮影してそれが何であるかを識別するというものになっています。この技術が完成すれば、長い列に並ぶ必要はなくなり、スムーズに買い物が出来るようになるというわけです。

このサービスにはIBM Watsonの画像認識技術とPayPalの取引サービスを利用しています。

PepperPayのデモにはPepperが使われ、Pepperの前で商品をかざすと胸の画面にその商品の値段が表示され、購入するか、レジを続けるかを選択する画面が出てきます。

gallery-1-e1473628538315

出典元:TechCrunch |トピックス|イベント

動画を見るとまだ認識の時間がかかっていたり、タッチ操作に時間がかかったりと実用にはまだ時間がかかりそうですが、将来Pepperがレジ係の代わりをしてくれる日も近いかもしれません。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

出典元:TechCrunch |トピックス|イベント

[PR]
西尾レントオールでは、Pepepr for Bizの0円レンタルキャンペーンを開始いたしました。詳しくはこちら
Pepepr for Biz
※当スポットレンタル事業は、ソフトバンクロボティクスのPepper for Bizを活用し、西尾レントオール株式会社が提供を行うサービスです。


西尾レントオールのロボットレンタルに関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。
サイトポリシー・掲載記事に関しては、こちらをご覧ください