3カ国語が堪能!「銀行員ロボ」

vlcsnap-2016-05-12-23h09m02s358

成田空港内にある、三菱東京UFJ銀行の窓口に、英語や日本語のほか、中国語まで接客が可能な小さな人形ロボット、『NAO (ナオ)』がお目見えしました。

vlcsnap-2016-05-12-23h09m25s436
NAOはPepperで知られるソフトバンク子会社のアルデバラン・ロボティクス社製(仏)。ツヤのある赤と白で彩られたボディーで、Pepperを思わせる手やボディのデザインをしています。3ヶ国語での接客が可能、Pepperゆずりの?人の気に入られるような可愛らしいジェスチャーや目の動きが可能など、その優れた性能からは想像も出来ないぐらい小さく、ベットサイドテーブルと同じぐらいの大きさです。
オーストリア人旅行者のヘルフリート・ブルンナーさんは「こんなロボットはわが国では見慣れないので面白い。とってもいいね」 と上機嫌。グラフィックデザイナーのカリン・クルムファルスさんは「ちょっとだけ奇妙な感じがするわ。単に、人間以外の存在と会話するのに慣れていないからだけど」と、少し当惑気味でした。
vlcsnap-2016-05-12-23h09m38s117
大人には奇妙に見えるかもしれません。ですが、革新的な技術に日々触れている子供たちからすれば、NAOは、ますます自動化が進む世界の1つの象徴にすぎないようです。
vlcsnap-2016-05-12-23h09m48s083
詳しくは動画を御覧ください。

出典元: 東洋経済 ONLINE | ビジネス | ロボット

[PR]
西尾レントオールでは、Pepepr for Bizの0円レンタルキャンペーンを開始いたしました。詳しくはこちら
Pepepr for Biz
※当スポットレンタル事業は、ソフトバンクロボティクスのPepper for Bizを活用し、西尾レントオール株式会社が提供を行うサービスです。


西尾レントオールのロボットレンタルに関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。
サイトポリシー・掲載記事に関しては、こちらをご覧ください