LPWA活用で、北海道の広大な農場での効率的な作物栽培を目指す実証実験

photo0000-2530

今日ご紹介するのは、LPWAを用いた、北海道帯広での屋外栽培される作物の効率的な栽培についてです。

北海道の農業は、広大な耕作面積にて大規模に展開され、多様な農作物が栽培されています。その中でも、屋外で作物を栽培する露地栽培は、施設栽培に比べて生産コストが安く、畑面積の拡大が容易である一方、天候などの影響を受けやすく、廃棄ロスの多さが課題でした。
本実証実験は、IoT向け通信技術LPWA (LoRaWAN (TM)) (注3) を活用し、露地栽培にとって重要な外気温や湿度、土中の温度や含水率などを測定しリアルタイムでの可視化を実現することで、種まきや出荷に最適な時期の把握、水撒きの最適化を行い、大根等の農作物の効率供給を目指します。また、LPWA (LoRaWAN (TM)) を活用することで、通信費用を最小化します。

出典元:帯広でIoTを活用した農業効率化の実証実験を開始 | e-logiT.com

この実証実験により、これまで天候の影響を強く受け廃棄ロスの多かった露地栽培の作物が多く出荷されるようになるかもしれません。
そうなると単価も安くなると思われるので、私たち消費者にとっても嬉しいことですね。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

出典元:帯広でIoTを活用した農業効率化の実証実験を開始 | e-logiT.com

[PR]
西尾レントオールでは、Pepepr for Bizの0円レンタルキャンペーンを開始いたしました。詳しくはこちら
Pepepr for Biz
※当スポットレンタル事業は、ソフトバンクロボティクスのPepper for Bizを活用し、西尾レントオール株式会社が提供を行うサービスです。


西尾レントオールのロボットレンタルに関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。
サイトポリシー・掲載記事に関しては、こちらをご覧ください