ロボット・IoT・AIに関する事例紹介キュレーション・メディアサイト

ドローンとレーザースキャナー活用で、樹木を伐採せずに森林の測量に

photo0000-0653

今日ご紹介するのは、ドローンを用いた、風力発電用施設設置のための測量についてです。

 発電所やインフラ設備の建設の効率化に、ドローンを活用する手法が広がっている。ドローンサービス事業を手掛けるテラドローンは、大林組が北海道で進めている風力発電所の開発において、ドローンを利用したレーザー測量システムを導入したと発表した。樹木を伐採することなく、上空から地表面の形状を高精度に測量することに成功したという。

出典元:風力発電の開発を低コスト化、ドローンで伐採せずに地表計測 | スマートジャパン

計測の方法は、レーザースキャナーを搭載したドローンを樹木の間に飛行させ、地表で反射したレーザー光を検知することで計測します。
従来の測量では、誤差が激しいことがあったようですが、今回のドローンを用いた方法では、誤差も少なく、精度の向上も見られました。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

出典元:風力発電の開発を低コスト化、ドローンで伐採せずに地表計測 | スマートジャパン

[PR]
西尾レントオールでは、Pepepr for Bizの0円レンタルキャンペーンを開始いたしました。詳しくはこちら
Pepepr for Biz
※当スポットレンタル事業は、ソフトバンクロボティクスのPepper for Bizを活用し、西尾レントオール株式会社が提供を行うサービスです。


西尾レントオールのロボットレンタルに関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。
サイトポリシー・掲載記事に関しては、こちらをご覧ください
人気記事