ロボット・IoT・AIに関する事例紹介キュレーション・メディアサイト

ドローンを使った警備システム

c_works_patrol

今日ご紹介するのはドローンを使った警備システムの今後についてです。まず、ドローンは空撮が可能になっているため、その特性を利用して人の代わりに巡回する方法が考えられます。すでにドローンを使った在庫管理方法などがありますが、警備システムにも使えるということになります。

security_guards

出典元:Drone-Biz |警備へのドローン活用

技術が進めばどうなるかというと、異常がない場合の工場内の風景を記憶させることで、警備中に何かその風景と乖離があった場合自動で警備センターに連絡する、異変があった場合、警備員が到着する前にドローンにて現場を確認することが出来るなど、その方法はかなり沢山あると言えると思います。

まだまだ実用には遠いと思われていましたが、12月11日にセコム株式会社が提供する世界初となる民間防犯用の自立型小型飛行監視ロボット、セコムドローンのサービスを開始することを発表しました。

nr_20151210-1

出典元:Drone-Biz |警備へのドローン活用

セコムが長年培ってきた画像技術やセンシング技術、防犯・飛行ロボット技術が駆使されており、本来であれば広大な敷地に対して防犯性能を高める為、固定カメラを取り付けるところをドローンを使うというものになっています。

なぜドローンが有用性が高いかというと、固定カメラでは防犯上有利であるものの遠くにいるものが鮮明に映らないという欠点があります。ドローンの場合、不審者の特定の決め手になる車のナンバーや車種、ボディカラー、人の顔や身なりなどを追跡して撮影することが可能で、より鮮明に写すことが可能になるからです。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

出典元:Drone-Biz |警備へのドローン活用

[PR]
西尾レントオールでは、Pepepr for Bizの0円レンタルキャンペーンを開始いたしました。詳しくはこちら
Pepepr for Biz
※当スポットレンタル事業は、ソフトバンクロボティクスのPepper for Bizを活用し、西尾レントオール株式会社が提供を行うサービスです。


西尾レントオールのロボットレンタルに関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。
サイトポリシー・掲載記事に関しては、こちらをご覧ください
人気記事