ロボット・IoT・AIに関する事例紹介キュレーション・メディアサイト

対話型AIソリューション「TRAINA」を活用することで、グループ内の問い合わせ業務を45%削減

gatag-00007674

今日ご紹介するのは、サッポロホールディングスが実施していた、AIを利用してグループ内の問い合わせ業務の効率化を推進する実証実験についてです。

 サッポロホールディングスは7月6日、野村総合研究所(NRI)と共同で、AIを利用してグループ全体の業務効率化を推進する実証実験を実施したことを発表した。
 実証実験は、2016年12月1日から2017年4月30日に、サッポログループの従業員を対象に、本社機能分担会社であるサッポログループマネジメントが実施。サッポログループの社員からサッポログループマネジメントへの問い合わせ対応業務を、NRIの対話型AIソリューション「TRAINA/トレイナ」でどの程度効率化できるかを測定した。

出典元: サッポロが対話型AIの実証実験、社内の問い合わせ業務を45%削減 | ITmediaエンタープライズ

効果の測定としては、期間中に発生した問い合わせ件数の約45%が、AIだけで回答可能だったそうで、問い合わせ対応業務の大幅な効率化が期待できそうです。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

出典元: サッポロが対話型AIの実証実験、社内の問い合わせ業務を45%削減 | ITmediaエンタープライズ

[PR]
西尾レントオールでは、Pepepr for Bizの0円レンタルキャンペーンを開始いたしました。詳しくはこちら
Pepepr for Biz
※当スポットレンタル事業は、ソフトバンクロボティクスのPepper for Bizを活用し、西尾レントオール株式会社が提供を行うサービスです。


西尾レントオールのロボットレンタルに関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。
サイトポリシー・掲載記事に関しては、こちらをご覧ください
人気記事