人工知能エンジン「KIBIT」が痛みを和らげる適切な治療法を提案する

gahag-0046657933

今日ご紹介するのは、人工知能エンジン「KIBIT(キビット)」を活用した「疼痛診療支援AIシステム」の研究についてです。

コミュニケーションロボット「Kibiro」に搭載されている人工知能エンジン「KIBIT(キビット)」は株式会社FRONTEOが独自開発したことで知られている。FRONTEOの子会社であり、医療データ解析ソリューションを提供する株式会社FRONTEOヘルスケアは、愛知医科大学の「学際的痛みセンター」の集学的診療のノウハウをKIBITに学習させ、複雑な慢性痛の診療を支援する「疼痛診療支援AIシステム」の開発に向け、研究を開始したことを発表した。

出典元: 愛知医科大学、日本臓器製薬、FRONTEOが「人工知能KIBIT(キビット)」を活用した「疼痛診療支援AIシステム」の共同研究を開始 | ロボスタ

約一年を目処に、痛み患者の過去のカルテ情報における特徴をKIBITに教師データとして学習させ、KIBITの解析による痛みの重症度判定と集学的診療チームの判定結果との相関性・同等性を指標に学習アルゴリズムの最適化を検討するとしています。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

出典元: 愛知医科大学、日本臓器製薬、FRONTEOが「人工知能KIBIT(キビット)」を活用した「疼痛診療支援AIシステム」の共同研究を開始 | ロボスタ

[PR]
西尾レントオールでは、Pepepr for Bizの0円レンタルキャンペーンを開始いたしました。詳しくはこちら
Pepepr for Biz
※当スポットレンタル事業は、ソフトバンクロボティクスのPepper for Bizを活用し、西尾レントオール株式会社が提供を行うサービスです。


西尾レントオールのロボットレンタルに関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。
サイトポリシー・掲載記事に関しては、こちらをご覧ください