ロボット・IoT・AIに関する事例紹介キュレーション・メディアサイト

福岡県でハウス栽培にAIやIoT技術を活用する実証実験が開始される

IMG_0970

今日ご紹介するのは、AIやIoT技術を活用した、ハウス栽培の管理の実証実験についてです。

 スカイディスクは2017年6月30日、福岡県が募集した「農業IoTシステム開発・実証事業」の事業者に採択されたと発表した。同年7月上旬より開発に着手し、福岡県農林業総合試験場および福岡県農林業総合試験場筑後分場で試験を開始する。
 今回の実証事業では、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)技術を活用し、センサーによる生産現場の環境把握をさらに進めた栽培支援システムを構築する。

出典元:ハウス栽培にIoTとAIを活用、福岡県で実証実験 | MONOist

福岡県内の農業試験場で栽培されているイチゴやトマトのハウス内にIoTセンサーデバイスを設置し、次世代通信規格であるLoRaゲートウェイを通してクラウドにデータを送信、そのデータをAI解析し、理想的な栽培管理モデルを構築します。また、年間を通しての気候変動に耐えられるハードウェアや、土壌水分のデータを取得できるようなセンサーを開発する予定となっています。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

出典元:ハウス栽培にIoTとAIを活用、福岡県で実証実験 | MONOist

[PR]
西尾レントオールでは、Pepepr for Bizの0円レンタルキャンペーンを開始いたしました。詳しくはこちら
Pepepr for Biz
※当スポットレンタル事業は、ソフトバンクロボティクスのPepper for Bizを活用し、西尾レントオール株式会社が提供を行うサービスです。


西尾レントオールのロボットレンタルに関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。
サイトポリシー・掲載記事に関しては、こちらをご覧ください
人気記事