ロボット・IoT・AIに関する事例紹介キュレーション・メディアサイト

AIやIoT技術を用いて、隅田川花火大会に訪れる観客の利便性を向上させる

gatag-00011413

今日ご紹介するのは、AIやIoTを用いた、花火大会観客の利便性向上についてです。

 東京都台東区や墨田区で構成する隅田川花火大会実行委員会は29日に開く第40回大会で、人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながるIoTを初めて活用する。当日の観客数は95万人を見込んでおり、円滑な大会運営や来場者の利便性向上につなげる。

出典元:きょう隅田川花火大会 裏方にAIとIoT | 日本経済新聞

AIは周辺の安全対策に取り入れらており、フェイスブックなどのSNSに投稿された膨大な写真や動画をAIが解析し、会場周辺の交通や気象、事故など各種情報を収集、警察など関係機関と協力し、迅速に対処することに活用されていました。
観客の遺失物対策では、MAMORIOのサービスを活用しているので、MAMORIOが販売している電子タグを取り付けておけば、アンテナを設置した大会本部に遺失物が届いた時点でタグを感知し、持ち主のスマホに知らせてくれる仕組みなどが取り入れられていました。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

出典元:きょう隅田川花火大会 裏方にAIとIoT | 日本経済新聞

[PR]
西尾レントオールでは、Pepepr for Bizの0円レンタルキャンペーンを開始いたしました。詳しくはこちら
Pepepr for Biz
※当スポットレンタル事業は、ソフトバンクロボティクスのPepper for Bizを活用し、西尾レントオール株式会社が提供を行うサービスです。


西尾レントオールのロボットレンタルに関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。
サイトポリシー・掲載記事に関しては、こちらをご覧ください
人気記事