インフラの状態の監視に人工知能を活用 次回の補修時期なども予測

gahag-0020603864

今日ご紹介するのは、道路や橋などの状態を監視する人工知能についてです。

 東京電力ホールディングス(HD)やダイキン工業、大阪大などの研究チームが、人工知能(AI)を使って24時間態勢でインフラ施設を点検できる技術を開発していることが15日、分かった。全国各地にある橋や道路、送電網などの傷み具合のデータを広域的にインターネットを経由して収集。それぞれの施設で補修が必要となる時期などをAIが予測するのが特徴で、平成32年度に世界初の実用化を目指す。

出典元: 道路や橋、インフラ老朽化を人工知能が監視  補修時期も予測 阪大など開発 | 産経west

現在のインフラ点検は、専門業者が施設の現場に赴き、計測機を使用したり、目視で確認したりして、傾きやひび割れなどの有無を調べるのが主流です。人工知能による点検が実用化されれば、人手不足の改善や費用の削減につながると思われます。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

出典元: 道路や橋、インフラ老朽化を人工知能が監視  補修時期も予測 阪大など開発 | 産経west

[PR]
西尾レントオールでは、Pepepr for Bizの0円レンタルキャンペーンを開始いたしました。詳しくはこちら
Pepepr for Biz
※当スポットレンタル事業は、ソフトバンクロボティクスのPepper for Bizを活用し、西尾レントオール株式会社が提供を行うサービスです。


西尾レントオールのロボットレンタルに関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。
サイトポリシー・掲載記事に関しては、こちらをご覧ください