ロボット・IoT・AIに関する事例紹介キュレーション・メディアサイト

相場操縦などの不正な取引を人工知能を用いて監視 年度内には実用化を目指す

20130522_tokyo_stock_exchange_1203_w800

今日ご紹介するのは、SBI証券と楽天証券が相場操縦などの不正な取引の監視するために人工知能を導入したことについてです。

 SBI証券と楽天証券は、相場操縦など不正な取引を監視する人工知能(AI)の導入に向け、近くNECとそれぞれ実証実験に乗り出す。これまでは不正が疑われる取引を人の力で見つけていた。AI活用で作業の効率化や精度の向上を狙う。今年度内の実用化を目指す。

出典元:AIで不正取引を監視 SBIや楽天証券、NECと実証実験 | 日本経済新聞

AIを導入すれば監視・審査は任せて、高度な判断が求められる作業に人手を割けるため、効率化を図れるとしています。さらに高速取引などの普及によって複雑化する不正取引について、監視・発見の精度をAI活用で高めていく考えです。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

出典元:AIで不正取引を監視 SBIや楽天証券、NECと実証実験 | 日本経済新聞

[PR]
西尾レントオールでは、Pepepr for Bizの0円レンタルキャンペーンを開始いたしました。詳しくはこちら
Pepepr for Biz
※当スポットレンタル事業は、ソフトバンクロボティクスのPepper for Bizを活用し、西尾レントオール株式会社が提供を行うサービスです。


西尾レントオールのロボットレンタルに関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。
サイトポリシー・掲載記事に関しては、こちらをご覧ください
人気記事