ロボット・IoT・AIに関する事例紹介キュレーション・メディアサイト

河川の様子の画像データから人工知能が水害の危険レベルを判別する実証実験

395876ffd1a53603db748b30dbb8bf3a_s

今日ご紹介するのは、人工知能を用いた水害対策の実証実験についてです。

 茨城大学とNECは2017年7月21日、人工知能(AI)技術を活用した「水害対策支援システム」の実証実験を、茨城県水戸市内で始めると発表した。河川を管理する担当者らが、河川の氾濫などによる危険度を早期に判断するための支援を行う。
 実証実験は、茨城大学の齋藤修特命教授らの研究グループが蓄積してきた、水害発生時における河川の特徴に関する学術的検知と、NECのAI技術群「NEC the WISE」の1つである「NEC Advanced Analytics-RAPID機械学習」を組み合わせて行う。

出典元:水害対策にAIを活用へ、川の氾濫の危険度を判別 | EE Times Japan

具体的には、河川の周辺に汎用カメラを設置、そこで撮影された画像データをもとに分析します。河川の水位や水の色などの状態を画像データから分析、学習し、危険レベルを判別します。
河川を管理する担当者が、これらの情報をもとに、洪水の危険度などを判断します。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

出典元:水害対策にAIを活用へ、川の氾濫の危険度を判別 | EE Times Japan

[PR]
西尾レントオールでは、Pepepr for Bizの0円レンタルキャンペーンを開始いたしました。詳しくはこちら
Pepepr for Biz
※当スポットレンタル事業は、ソフトバンクロボティクスのPepper for Bizを活用し、西尾レントオール株式会社が提供を行うサービスです。


西尾レントオールのロボットレンタルに関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。
サイトポリシー・掲載記事に関しては、こちらをご覧ください
人気記事