厚生労働省が人工知能を用いた病気の早期発見や重症化の予防を実証研究を行う

https---www.pakutaso.com-shared-img-thumb-TAIONIMGL0228

今日ご紹介するのは、厚労省が行う人工知能を用いた病気の早期発見や重症化の予防などの実証研究についてです。

 厚生労働省は、人工知能(AI)を用いて、介護施設などに入居する高齢者の病気の早期発見や、重症化の予防を行う実証研究に取り組む。生体情報(バイタルサイン)のデータを収集し、過去にかかった病気の診断などを組み合わせて定量的な評価を確立する。AI活用の有効性が確認できれば、緊急の手当が必要な患者の治療にあたる急性期病院の負荷軽減などにも応用が期待できる。2017年度から19年度まで、最長で3年間の実証研究の実施を予定している。

出典元:厚労省、AIで病気の早期発見−高齢者対象に実証 | ニュースイッチ

健康促進や体調管理といった話題は、高齢者に限らず気になるものです。
ほんの少しの違和感が重大な病気につながることもありますので、AIが正確に体調管理をしてくれるのは嬉しいことですね。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

出典元:厚労省、AIで病気の早期発見−高齢者対象に実証 | ニュースイッチ

[PR]
西尾レントオールでは、Pepepr for Bizの0円レンタルキャンペーンを開始いたしました。詳しくはこちら
Pepepr for Biz
※当スポットレンタル事業は、ソフトバンクロボティクスのPepper for Bizを活用し、西尾レントオール株式会社が提供を行うサービスです。


西尾レントオールのロボットレンタルに関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。
サイトポリシー・掲載記事に関しては、こちらをご覧ください