AI搭載ドローンを使った世界初のレスキューシステムの実用化へ

スクリーンショット 2016-07-11 11.50.57

産業用ドローンの開発・販売を手がけるスカイロボットが世界初となる、人工知能を搭載したドローンを使って遭難者を発見する探索レスキューシステム「TDRS」(トリプルドローンレスキューシステム)の実証実験を、富士山麓で5月25日に行うと発表しました。

TDRとはその名の通り3機のドローンを使った三点計測を行い、山岳や海上の避難者を発見するシステムです。

遭難者は、位置情報を発信する「スカイビーコン」を携帯し、AIを搭載したドローンがスカイビーコンの信号を受け取り位置を特定、キュ女体の専用アプリに通知するというものです。

この使用するスカイビーコンは1年半近く電池が持つ上、GPSに依存したいという特徴を持つため、地形に左右されずに高い精度で信号を特定できるという特性を持っています。
このシステムを使用すると、人力では夜間の捜索は断念せざるをえないが、ドローンなら夜間でも捜索でき、赤外線サーモグラフィーカメラで遭難者の生死の推測も可能となります。
yx_drone_02

出典元:IT media ニュース | 科学・テクノロジー | AI搭載ドローンで遭難者捜索 世界初のレスキューシステム実用化へ

富士山麓で行われる実証実験では山梨県庁協力のもと実施され、空からドローンを、地上から救助役の人を展開し、登山道から離れた遭難役の登山者を空と地上から発見するという模擬実験となっています。

年々増え続ける山岳遭難は、昨年一年で起きた山岳遭難が1961年最多の2508件、遭難者は3043人を記録し、死者・行方不明者も335人と過去最多になっています。
登山ブームを背景に起こっているこの遭難事故の増加をこのシステムによって減少させることが期待されます。

20160616j-02-w330

出典元:時事ドットコムニュース | 図解 | 【図解・社会】山岳遭難者数の推移

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

出典元:IT media ニュース | 科学・テクノロジー | AI搭載ドローンで遭難者捜索 世界初のレスキューシステム実用化へ
出典元:時事ドットコムニュース | 図解 | 【図解・社会】山岳遭難者数の推移 

[PR]
西尾レントオールでは、Pepepr for Bizの0円レンタルキャンペーンを開始いたしました。詳しくはこちら
Pepepr for Biz
※当スポットレンタル事業は、ソフトバンクロボティクスのPepper for Bizを活用し、西尾レントオール株式会社が提供を行うサービスです。


西尾レントオールのロボットレンタルに関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。
サイトポリシー・掲載記事に関しては、こちらをご覧ください