ロボット・IoT・AIに関する事例紹介キュレーション・メディアサイト

建設機械を人工知能が動かす 25年には建設現場はロボットだけになるか

gatag-00012330

今日ご紹介するのは、大成建設が進める人工知能を活用した無人化施工システムの開発についてです。

 大成建設は人工知能(AI)を活用した無人化施工システムを開発する。建設機械を自律走行できるようにする制御システムと、作業員との接触を防止する検知システムの技術開発に着手した。建設作業の省人化につながると見込み、2018年度にも盛り土を固める建設機械で検証する。
 走行を制御するシステムはまず建設機械に各種センサーを取り付け、熟練作業員が実際に操作する動きなどの情報を取得する。その後、シミュレーターを活用し、様々な現場の状況でどのように作業するかをAIにさらに学習させてシステムを構築する。18年度に試験場で自律走行できるか検証したうえ、19年度にも実際の現場で実証実験する。

出典元: 大成建設、AI活用し無人化施工開発へ 建機が自律走行 | 日本経済新聞

近頃では、3Dプリンターによる住居の建設、ということも可能になってきているなど、建設産業にも大きな革新が始まっているのかもしれません。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

出典元: 大成建設、AI活用し無人化施工開発へ 建機が自律走行 | 日本経済新聞

[PR]
西尾レントオールでは、Pepepr for Bizの0円レンタルキャンペーンを開始いたしました。詳しくはこちら
Pepepr for Biz
※当スポットレンタル事業は、ソフトバンクロボティクスのPepper for Bizを活用し、西尾レントオール株式会社が提供を行うサービスです。


西尾レントオールのロボットレンタルに関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。
サイトポリシー・掲載記事に関しては、こちらをご覧ください
人気記事